MENU

仙腸関節からの痛みを訴える方が増えている印象です

2018年10月31日

久々のブログ投稿となります。

 

今日で10月も終わりなのですが、今月の印象としましては「仙腸関節からの痛み」を訴える方が増えている印象でした。

 

仙腸関節というのは、骨盤の後面にある仙骨と腸骨の連結部分で、他の関節と違ってほんのわずかしか動かないのですが、腰や股関節を構成する重要な筋肉や神経が近辺を通っているので、大事な関節となります。

 

とくに座骨神経の出口になる「梨状筋下孔」というのがあって、仙腸関節への負担が増大すると、ヘルニアや脊柱管狭窄などの異常がなくても、脚のしびれ感が出てきたりします。

 

レントゲンに映らないので、痺れているのにとくに異常なしとなってしまう方もいらっしゃるようです。

 

当院のサイトを見て腰痛・神経痛を訴えておいでになる方が多いのですが、仙腸関節に対してダイレクトに施術することで痛みや不安感を改善できるように頑張っております。

 

腰痛・神経痛はもちろん、その他の症状でもお困りのことがありましたら、遠慮なくご相談くださいませ。



© 2018 ほねつぎ久保はり灸院 All rights reserved.