MENU

トップページ > 腰痛の原因と改善

腰痛の原因と症状

一口に腰痛と言っても、様々な症状があります。また症状に合わせて施術方法も異なります。
つらい腰痛・腰の痛みの原因を究明して適切な施術を行う事で症状が改善します。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は腰痛の一種でどんな時に起こる?

ヒョイと動いたときに腰の筋膜の動きが食い違って断層が出来るタイプや、重い物を持って腰の関節に負担が掛かるタイプがあります。
急性時は前屈みがしにくくなり、慢性化すると後ろに反るのが辛くなることが多いです。
身体が温まっていないときに発症しやすいです。
急性時は安静にして、幹部をアイシング(冷やす)して、痛みが治まったら、枚方市のほねつぎ久保はり灸院にお越しください。

ぎっくり腰の施術

鍼灸施術は、ずれを起こした筋膜の炎症や負荷のかかった関節の痛みを改善します。また、痛みに伴う反応点は腰だけとは限らないので、全身の反応を見ながら施術を行います。

 

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアはどんな時に起こる?

これも腰痛の一種で重い物を持ったり、繰り返しの衝撃が掛かったりして腰椎の間に挟まっている椎間板が飛び出す病気で、飛び出した椎間板が神経を圧迫すると、座骨神経痛を引き起こすことがあります。
昔は、ヘルニアは一度飛び出たら治らないといわれていましたが、最近の研究では貪食細胞という白血球の一種が消化して小さくなるという報告もあります。

椎間板ヘルニアの施術

枚方市のほねつぎ久保はり灸院では鍼灸を用いた施術を行います。痛み・しびれ感という周辺症状の改善を図ります。

座骨神経痛

坐骨神経痛はどんな時に起こる?

お尻から太もも・ふくらはぎにかけて、痛みやしびれ感を感じることが多く、症状によっては足指の力が入らないこともあります。症状が重くなると寝たままで動けなくなることもあります。
椎間板ヘルニアによる神経根への圧迫や、梨状筋の筋緊張による圧迫など、原因は多岐にわたります。
「梨状筋」はお尻の中央部から股関節の後ろにつく細長い筋肉で、この梨状筋の下には「梨状筋下孔(りじょうきんかこう)というくぼみがあり、そこを坐骨神経が通ります。梨状筋が何らかの原因で硬くなったりスジ張ったりすると、筋肉が坐骨神経を押し込んで痛みやしびれを誘発することがあり、これを臨床的に「梨状筋症候群」と呼びます。
最初からお尻を痛めるよりも、腰やひざ、足首などを痛めてそこをかばっているうちに、お尻に負担がかかってしびれがはじまってしまうというパターンも多いです。

座骨神経痛の施術

枚方市のほねつぎ久保はり灸院の鍼灸施術では、筋肉や軟部組織の血流改善をおこない、柔らかな組織を回復させることによって、痛み・しびれの改善を目指します。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症はどんな時に起こる?

若いときのスポーツ時に衝撃を受けたり、年を重ねたことなどによって腰椎が変形したりして、背骨の神経の通路が狭くなり脚に痛み・しびれ感を引き起こします。
歩いているうちに症状が酷くなり、前屈みで休憩していると楽になる「間欠性跛行」という状態になることが多いです。
前かがみになると、楽になり、まっすぐになると痛いというのが特徴です。

脊柱管狭窄症の施術

枚方市のほねつぎ久保はり灸院の鍼灸施術では、筋肉や軟部組織の血流改善をおこない、柔らかな組織を回復させることによって、痛み・しびれの改善を目指します。

腰椎分離症

腰痛分離症はどんな時に起こる?

若いときは痛みが治まると無症状になることもしばしばですが、年をとると脊柱管狭窄症になる可能性が高まるので、ケアをしておいた方が良い状態です。

腰痛分離症の施術

脊柱管狭窄症の鍼灸施術では筋肉や軟部組織の血流改善をおこない、柔らかな組織を回復させることによって、痛み・しびれの改善を目指します。

腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症はどんな時に起こる?

年齢を重ねることで、主に腰椎の4番と5番が変形してしまい、かみ合わせが悪くなりズレる状態になることをすべり症といいます。すべりが酷くなると脊柱管が狭くなってしまい、脊柱管狭窄症に進行してしまう恐れがあります。

腰椎変性すべり症の施術

腰椎変性すべり症の鍼灸施術では、筋肉や軟部組織の血流改善をおこない、柔らかな組織を回復させることによって、痛み・しびれの改善を目指します。

骨粗鬆症(骨粗しょう症)

骨粗鬆症はどんな時に起こる?

加齢により骨のカルシウム成分がスカスカになってしまい、ちょっとした力でも骨が折れてしまう状態のことをいいます。 普通に坐っただけでも背中と腰の椎骨が折れてしまったり、転けた衝撃で腕や太ももの骨を折ってしまうなど、身体を動かすときには十分注意が必要です。

骨粗鬆症の施術

圧迫骨折などの場合は、2~3週間の安静で治まってくることが多いですが、腕や太ももの骨折の場合は専門医に診てもらうことが必要です。

筋筋膜性腰痛

筋筋膜性腰痛はどんな時に起こる?

筋肉は束状になっていて、その束は筋膜という薄い膜で覆われています。
身体をヒョイと動かしたときに、身体を動かそうとする筋膜と身体を支えようとする筋膜が断層のようなズレを起こしてしまい、急激に炎症を起こしてしまうときがあります。これを筋筋膜性腰痛といい、いわゆる「ぎっくり腰」の代表的な症状のうちの一つとなります。

筋筋膜性腰痛の施術

鍼灸施術は、ずれを起こした筋膜の炎症やを改善します。また、痛みに伴う反応点は腰だけとは限らないので、全身の反応を見ながら施術を行います。

変形性腰椎症

変形性腰椎症はどんな時に起こる?

年齢を重ねることで腰椎が変形してしまい、腰椎周辺の筋肉や軟部組織に負担をかけることで血行が悪くなり、慢性的な腰痛症状を引き起こすことが多くみられます。

変形性腰椎症の施術

枚方市のほねつぎ久保はり灸院の鍼灸施術では、筋肉や軟部組織の血流改善をおこない、柔らかな組織を回復させることによって、痛み症状の改善を目指します。


サイドメニュー

〒573-1191
大阪府枚方市新町1-4-13
京阪本線「枚方市駅」北口より徒歩3分
駐車場:ほねつぎ久保はり灸院向かいにあります。

 
午前診
往 診
午後診

午 前/8:40~11:00
往 診/13:00~17:00
午 後/17:00~19:00
休診日/水曜午後・土曜午後、日曜、祝日

※初診の方は、問診票の記入がありますので、時間に余裕を持ってお越しください。

※訪問によるリハビリ、鍼灸マッサージについては、お電話にてご相談ください。


© 2018 ほねつぎ久保はり灸院 All rights reserved.