MENU

【腰痛相談】温めるか?冷やすか?

2024年2月2日

こんにちは。院長久保です。

これから新企画として、患者様から寄せられた身体についてのご質問・ご相談について、当ブログにてお話ししていこうと思います。

 

初回は「腰が痛くなった時に温めるか?冷やすか?」です。

 

最初に結論を書くと「急に痛くなった時は、冷やす。慢性時や動き始めが痛いときは、温める」

 

これです!

 

以下にその理由を書いていきますが、お忙しい方は読んでいただかなくてもOKです。

上記を守っていただければ、なぜそうなのかを知らなくても、大丈夫です。

 

-*-*-*-

 

では、詳しく書いていきましょう。

 

腰痛はざっくり分けて「急性」「慢性」に分けられます。

どちらも血行を良くした方が早く良くなるのですが、問題は「炎症の有無」です。

 

当院でもよくみられる「ぎっくり腰」は急性の痛みになりますが、これは腰の筋肉・筋肉の骨盤付着部・椎間関節などへ急激に負荷がかかって炎症が起きることで痛みが起きます。

局所に炎症が起きていると、その部位に熱感や腫れが生じ、また炎症物質が体内に放出されて痛みを感じます。

この時に血行を良くしようと温めたりすると、炎症物質も増えてしまうので痛みが増してしまいます。

なので、急性の痛みの場合は一旦痛みが落ち着くまでは、冷やしてやった方が良いです。

 

急性の炎症物質が引いた後や慢性的な痛みの場合は、先ほども書きましたように血行を良くした方が治りが早くなるので温めたほうが良いです。

血行が悪くなると筋肉や靭帯の柔軟性が低下してしまい、それが原因で痛みが持続してしまうので、しっかり温めて血行を良くしてあげましょう。

 

-*-*-*-

 

これらは「腰そのものに原因がある痛み」について簡単にまとめていますが、中には内臓疾患や心身の症状として腰痛が出てくることもありますので、100%このとおりとはならないのでご留意ください。

当院の鍼灸施術においても、症状の問診や施術後の経過などによって、鍼灸が適用でないと思われる場合には医科にご紹介することがあります。

安心して鍼灸施術を受けていただけるように、患者様と向き合いながらともに健やかな身体作りを実現したいと考えています。

 

-*-*-*-

 

今後も皆様から寄せられたご質問について書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

院長久保



© 2024 ほねつぎ久保はり灸院 All rights reserved.